消費者金融審査甘いところは?

消費者金融で借りるのは怖い?【審査甘いの?】

028画像

 

消費者金融でお金を借りるというのは、少し前までは怖いイメージが強かったですが、最近ではアイドルや俳優などが出ているCMも多く流れ、そのイメージは薄れてきたのではないでしょうか。

 

そのため、消費者金融でお金を借りるというのは、特別な事ではなくなりました。

 

確かに、消費者金融の金利は銀行カードローに比べ、少しだけ高いということもありますが、その替わり審査は甘いので、銀行カードローンの審査が不安だという方が消費者金融で借入をしているようです。

 

金利が高いとは言っても昔に比べれば随分低くなっています。

 

今では法に触れるような高い金利で貸し出している消費者金融はありませんから、安心していいでしょう。

 

どうしても近々にお金が必要なのに、銀行カードローンの審査に通る自信がないという方は、審査が甘い消費者金融で借りてみてはいかがでしょうか。

 

消費者金融の大半は、即日融資が可能ですので急にお金が必要になった時も助かるでしょう。

 

公式ボタン画像


消費者金融審査の口コミは?【実際利用した人の意見はどう?】

消費者金融審査が良かったという方の口コミは?

 

即日でアイフルを利用して借入れができました

 

友人の結婚式や友人と海外旅行にいくことが重なり貯金もそんなになかったためどうしようか考えていた時に周りが簡単に借りれたというのを耳にしたので借りるようにしました。

 

店員の対応も良く借金もなかったためか審査もすぐに通りすぐ無人契約機へ行きその日のうちに借りれたのであまりの速さに正直驚きました。

 

実際に利用してみてまだ若かったためか何も考えず借金をしてしまい他にも銀行などあったのに周りに流され消費者金融に手を出してしまったことをあとになり少しずつ後悔しました。

 

でもその時はすぐに借りることができ助かりましたし銀行も今は金利があまり変わらないのできちんと返していけば何の問題もなく結果的にはまた困ったら利用しても良いと思いました

 

28歳 女性 保育士

 

アイフルで5万円借りました

 

今から2年ほど前私は、アコムからすでに30万円借りていました。

 

あと5万円入り用で、アコムで増額申請するよりも他の消費者金融で借りることにしました。

 

そこで私が借りたのはアイフルでした。

 

当時無利息サービスを導入したばかりで、顧客獲得のために審査が甘くなるのではと考えたのです。

 

私は年収300万円台で、アコムから約30万借りていました。

 

まだ総量規制には100万円弱余裕がありましたが、若干審査に不安がありました。

 

30万円の借入をどう判断されるかが鍵でした。私はネットで申し込んだ後、電話で審査を急ぐようにお願いしました。

 

どうしてもその日のうちに5万円必要だったからです。

 

電話でお金の使い道を聞かれましたが、正直に買い物のためと答えました。

 

すると電話を切った後30分ほどで審査に通過したというメールが届きました。

 

仕事が終わった後自動契約機でカードを受け取り、無事5万借りられたのです。

 

アイフルの審査も他社と同様に通ってしまえば何の問題なく感じます。

 

1社から30万円程度の借入なら問題ないようです。

 

44歳 男性 会社員

 

アイフルの契約機で申し込んでコンビニATMで借りました

 

初めは事業者ローン ビジネクストに申込をしたが審査の結果アイフルで個人融資になった。

 

当日は融資の結果と実際に借入出来るまでの流れの説明で翌日契約機でカードを発行され、コンビニで借入が出来た。

 

審査自体はCMで宣伝するほど 早くはなかった、 人によって違うと思いますが、しかしMAXで50万円を借入が出来て助かりました。

 

支払いはセブンイレブンのATMで月々13000円で毎月26日払いです。

 

支払いが遅れると自動音声で連絡が来て本日入金または3日以内または1週間以内と選択され選択期日までに支払いすれば大丈夫ですが、それ以降になるともう一度自動音声で連絡が来ます。

 

それ以上遅れると担当者からの連絡が来て支払いの約束をします。

 

多少の遅れだと延滞利息も付きません。

 

CMの“わかってるアイフル”の意味が理解できます。

 

51歳 男性 自営業

 

公式ボタン画像

 

消費者記入審査が悪かったという方の口コミは?

 

ディックの審査を会社の事業解散により落とされました

 

勤務先の会社が経営判断により事業解散による清算会社となることが発表されたので、契約社員として勤務していましたが、次の勤務先として用意されるか分からない状況となり、今のうちにと消費者金融への申込みを行いました。

 

勤務先への在籍確認は問題なく行われたものの、審査落ちしてしまいましたが、同時期に同じくディックに申込んだ正社員も同様に審査落ちしていたので、勤務先会社が清算されることが報道発表されたことに原因があると考えられます。

 

個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行なっても、他に審査落ちする原因が考えられず、系列会社へ移籍が決まってから再度他の消費者金融へ申込みを行なう以外に方法が無いと落ち込むしかありませんでした。

 

41歳 男性 契約社員

 

アイフルで借りたかったですが在籍確認で失敗しました

 

派遣先と派遣元の契約が、生産量減少に伴い途中で打ち切られることが判明したので、次に出向する会社が見つかるまで時間がかかる可能性がありました。

 

そこで、在籍中に消費者金融のカードローンを1社契約しておき、派遣切りに遭った後も生活が暫くしのげるようにすべくテレビCMで有名なアイフルへ申込みしたわけです。

 

派遣元会社へ在籍確認電話がかかり、働いていることを確認出来たものの、翌月までしか在籍していないとなぜか伝えてしまい、以後はこちらに連絡しないようにと釘を刺すという有り得ない対応をされてしまいました。

 

結果的に審査落ちとなり、考えられる原因が他に無かったので、何が何でも次の出向先を確保するように強くコーディネーターに働きかけることになったわけです。

 

40歳 男性 派遣社員

 

公式ボタン画像

 

 

 

消費者金融の審査に通るコツは?【審査甘くても気を付けること!】

029画像

 

消費者金融の審査が甘いとはいえ、それでも必ず審査に落ちてしまう人はいます。

 

それはどんな人でしょう、また、審査に通る確率が高い人とはどんな人なのでしょうか。

 

こちらでは、審査に通るためのコツや審査に通るためにしない方がいいことなどをご紹介いたします。

 

年収の3分の1以上お金を借りない

 

消費者金融で融資を受ける時に、切っても切り離せないことと言えば「総量規制」です。

 

総量規制というのは、簡単に言えば「借入れ希望者は年収の3分の1以上のお金を借りることはできない」というものです。

 

これは、貸金業法という法律できちんと決められています。

 

ただし、銀行カードローンの場合は、銀行法によって規制されていますから、この総量規制は対象外になっています。

 

ですから、消費者金融で年収の3分の1以上の融資額を希望したり、すでに銀行カードローンなどから年収の3分の1以上の融資を受けている方は、いくら消費者金融の審査が甘いとはいえ通ることはできないということです。

 

複数社からお金を借りない

 

年収3分の1以上の借入をしないというのも気をつけるべきことですが、少ない金額であっても、あちらこちらの会社から借入れするのもやめた方がいいです。

 

消費者金融の中には、ローン一本化やおまとめローンの方も歓迎しているところもあります。

 

しかし、消費者金融からすると、そんなに次々に借入れしているのは相当お金に困っているのではないか、自転車操業を行っているのではないかと思われ、返済能力を疑問視してしまうのです。

 

短期間に複数の消費者金融に申し込まない

 

信用情報機関には、申し込みの記録が最長6ヶ月間残ります。

 

ですので、他の消費者金融に申し込みをするのは、できれば6ヶ月間は時間を空けるようにしましょう。

 

消費者金融のホームページを見てみると「○秒診断」や「簡易審査」など年齢や年収など3項目ほど入力すると、借入れできるかすぐに判断してくれるものをよく目にすると思います。

 

こちらを試してみても、審査に申し込んだことにならないので気軽に試して頂けます。

 

ここで注意したいのは、診断結果が出て借入れができると診断された後、「今すぐ申し込み」などのボタンを押すと、氏名や自宅の住所、メールアドレスなど、個人情報を記入する画面になる場合があります。

 

こちらに記入して、送信してしまうとその時点で申し込みをしたことになりますので、うっかり複数社に申し込まないようにしてください。

 

希望限度額を低く設定しておく

 

特に50万円以下にしておくと審査に通りやすいでしょう。

 

借入れ希望額が50万円より多くなると、収入証明書類の提出も必要になってきます。

 

収入証明書類に該当するのは主に、源泉徴収票や住民税決定通知書・納税通知書などです。

 

また、50万円以下の場合でも、できるだけ少ない金額の方が消費者金融側もあまり警戒せずに貸すことができます。

 

ですので、限度額を記入するところにはどうしても必要な金額だけを書き込むようにしたらいいでしょう。

 

毎月のクレジットの支払いをきちんと行う

 

消費者金融は申し込みの依頼があると、信用情報機関で申込者の信用情報の確認をします。

 

そこには、その人の過去のクレジットやローンなどの信用取引の申し込み情報、支払い情報、解約情報などが記載されています。

 

また、債務整理や強制解約、自己破産などの金融トラブルも記録されているのですが、延滞についても記録されています。

 

債務整理や自己破産など自分には関係ないと思っている人でも、延滞してしまったことがある方はいるのではないでしょうか。

 

クレジットカードやローンなどの支払いが期日に間に合わずに遅れてしまうと「延滞」ということで、信用情報にはっきり記載されてしまいます。

 

特に支払い能力はあるのに、引き落としになっている口座にまだお金が十分あると思っていたら足らなかった。

 

口座にお金を振り込もうと思っていたらつい忘れてしまった、ということもありがちです。

 

通常、延滞というのは、返済が3ヶ月以上遅れることを言うそうですが、同じ金融機関で2回以上支払いが遅れてしまうと数日遅れただけでも延滞として扱われることもあるそうです。

 

消費者金融業者が審査で一番に重要視するのは、毎月きちんと支払いをしてくれる人物かどうかでです。

 

クレジットカードなどの支払いをきちんと行い、自分の信用度を高めることも大事です。

 

公式ボタン画像


消費者金融の審査は甘い?【よくある質問とは?】

030画像

 

Q.審査の甘い消費者金融で即日で借りられるところはありますか?

 

A.あります。

 

消費者金融は全体的に見ても審査は甘いです。

 

消費者金融で最短即日融資が可能なところも、アコム、モビット、プロミス、アイフルなど、CMや広告などで見かけるところは対応しています。

 

ご自分が借りたいと思ったところで借りるようにしてください。

 

ただし、即日融資が可能とはいえ、審査が行える時間帯や、借入れできる時間帯は会社によって違いますので、確認しておく方がいいでしょう。

 

 

 

Q.消費者金融は審査甘いと聞きますが、ブラックでも借りられますか?

 

A.消費者金融の審査が甘いとは言っても、残念ながら信用情報機関に金融事故情報の記録が残っている、いわゆるブラックの方は審査に通ることができません。

 

事故情報の記録が消えるのは数年かかり、それまでは全てのローンが組めませんので、注意してください。

 

 

 

Q.お金を借りたいけど審査が通らないのですが、どうしたらいいですか?

 

A.なぜ審査に落ちてしまったのか考える必要があります。

 

消費者金融の審査条件には、毎月安定した収入があるというものがあります。

 

ですので、給料が安定しているならアルバイトでもパートでも審査に通る可能性があります。

 

最低でも3ヶ月間は給料をもらえている状態が好ましいでしょう。

 

仕事に就いて1ヶ月や2ヶ月しか経ってないという方は通過しない可能性もあります。

 

また、収入に似合わない金額の融資を希望していませんか。

 

原則として、年収の3分の1以上の金額は借りられないようになっていますので、気を付けて下さい。

 

そして、属性審査には問題ないのですが、在籍確認が上手く行えず落ちてしまうこともあるそうです。

 

消費者金融の者が職場に電話をかけた時に、あなたがその職場で働いているという確認ができずに審査に通らないこともあります。

 

この様に甘いと言ってもちょっとしたことで審査に落ちてしまうこともあります。

 

一度審査に落ちてしまうと、他のところの審査を受けても通らない可能性が高くなります。

 

この失敗を活かすためにも、次は合格するようになぜ落ちてしまったのか検証してみましょう。

 

 

 

Q.ある消費者金融審査甘いランキングでアコムが1位になっていましたが、本当に一番借りやすいのですか?

 

Q.ある消費者金融審査甘いランキングでアコムが1位になっていましたが、本当に一番借りやすいのですか?

 

A.どこの消費者金融の審査が一番甘いのか、そのランキングが何を基準にして決めているのか分かりませんので、はっきりと申し上げることはできませんが、アコムも審査に通りやすくなっています。

 

ですが、アコムが飛び抜けて審査が甘いと言うこともないでしょう。

 

アコムで落ちてしまったのに、その後他の消費者金融に合格したという方もいらっしゃると思います。

 

公式ボタン画像

 

 


消費者金融審査のメリット・デメリットとは?

031画像

 

メリット

 

・審査が甘い

 

消費者金融の最大のメリットといえば、審査が甘いということは今さら言うまでもありませんね。

 

銀行カードローン審査に落ちてしまった方でも消費者金融審査に通る可能性はかなり高いです。

 

しかし、申し込みの記入ミスなどでうっかり落ちてしまうこともありますので注意しましょう。

 

早く融資を受けたい場合に焦って記入してしまうこともあるかもしれませんが、単純なミスで審査に落ちてしまっては元も子もありません。

 

落ち着いて行いましょう。

 

 

・初回限定で無利息キャンペーンを行っているところがある

 

消費者金融のなかで、アコムやアイフル、プロミスなどは初めて借りる方だけですが、無利息キャンペーンを行っています。

 

このキャンペーンを利用すれば、金利を気にすることなく借入れが出来るでしょう。

 

一つ注意したいことと言えば、無利息が適応されるのは、借入日から30日間だけのところが多いです。

 

30日を越しますと、通常通りの金利が発生してしまいますので、無金利で借りたいのでしたら30日間で返済できる金額だけしか借りることができません。

 

なお、銀行カードローンでこのキャンペーンを実施しているところはありませんので、消費者金融で融資を受けるメリットと言えるでしょう。

 

 

・即日融資もしてもらえる

 

消費者金融のほとんどが、スムーズに手続きが終われば、即日で融資を受けられるようになっています。

 

ただし、即日に融資が受けられるとはいえ、夜に申し込みを始めてもその日のうちに借りるのは難しいですので、どうしても即日で借りたいという方は、午前中に申し込みを行うようにしてください。

 

そうすることで余裕を持ってお金を借りることが出来ると思います。

 

・コンビニATMでも借入れができる

 

消費者金融のほとんどがコンビニATMでの借入れ・返済が可能です。

 

しかも、ローソンやサンクス、セブンイレブンなど全国に展開しているコンビニを利用することができますから、とても便利でしょう。

 

しかも、利用時間もコンビニならほぼ24時間利用可能です。

 

ただし、メンテナンスなどで利用できない時間帯もありますから、必ず確認するしておきましょう。

 

・1万円から借りられる

 

銀行カードローンの借入額は10万円からのところが多いなか、消費者金融では1万円から借りることができます。

 

もし、3万円しか必要ない場合でも銀行カードローンで借りようと思ったら、10万円借りることになるのです。

 

もちろん、10万円分の金利を支払うことになりますから、余分な金利が発生することになります。

 

デメリット

 

・金利が高い

 

消費者金融の最大のデメリットとしては、金利が銀行カードローンより金利が高いことです。

 

消費者金融の金利が、約3.7〜18.0%であるのに対して、銀行カードローンの金利は約3.1%〜14.7%と低くなっています。

 

特に、少額の融資に対しては、18%と14.7%ですから違いは大きいでしょう。

 

ですが、消費者金融には初めて借入れする方のための無利息キャンペーンを行っているところもありますから、そちらを利用すれば金利の心配はなくなり、むしろ楽に審査に通って無利息で借りることができるようになるのです。

 

・総量規制によって年収の3分の1以上は借りられない

 

消費者金融では、総量規制により年収の3分の1以上は借りることができないことになっています。

 

これ以上借りたいという方は、銀行カードローンの審査を選択する必要があります。

 

・専業主婦の方は借入れができない

 

消費者金融で借りるために、安定した収入があるという条件を満たすこと必要でした。

 

なので、収入を得ていない専業主婦の方は消費者金融で融資は受けられません。

 

もし、専業主婦の方でなにがなんでも用立てないといけないという方は、銀行カードローンで借りるのがいいでしょう。

 

銀行カードローンは、総量規制が適応されません。

 

しかも、配偶者の年収を記入して申し込むことができる銀行カードローンもありますから、そのようなところで借りるようにするといいでしょう。

 

・住宅ローンや自動車ローン審査に影響する

 

住宅ローンや自動車ローンを借りる時に、消費者金融から、数百万円ぐらいの借入れがある場合には、多少なりとも影響があるかもしれませんので注意してください。

 

すでに数百万のローンを抱えているにも関わらず、さらに車や住宅などの大きなローンを返済していけるのか疑われるのでしょう。

 

ですが、少額の借入れでしたら全然心配しなくてもいいでしょう。

 

 

 


消費者金融の審査基準は?【審査時間はどのくらい?】

032画像

 

確認のために消費者金融の審査基準についてまとめておきましょう。

 

審査基準としては、

 

  • 安定した収入がある方
  •  

  • 20歳以上69歳以下の方
  •  

  • 信用情報機関に金融トラブルの記録がない方
  •  

  • 年収の3分の1以上の借入れがない方
  •  

  • 複数社からの借入れがない方

 

というようになっています。

 

こちらの条件を全て満たし、滞りなく手続きが終われば審査に合格するでしょう。

 

ただ、審査基準に関しては明確に開示しているものはなく各消費者金融会社によって多少違ってるようです。

 

消費者金融の審査時間は?

 

消費者金融の審査時間はどのくらいかかるのかといえば、だいたい40分〜1時間ぐらいです。

 

これなら審査に通って融資を受けるまでも約1時間〜1時間半ぐらいしかからないのでとても早く借入れが出来るでしょう。

 

これ以上時間がかかっているということは、審査に何か問題があったのか、審査を受け付けていない時間帯だったので翌日にまわされたかということが考えられます。

 

消費者金融の審査は申し込みはネットで24時間できるところばかりですが、審査に関しては、在籍確認もしなければいけませんし、決められた時間に実施するようになっています。

 

そもそも、在籍確認を円滑に終わらせるためにはあなたの職場が営業している時に在籍確認をする必要がありますよね。

 

そのことを踏まえた上で、審査に申し込むようにしましょう。

 

新生銀行カードローン レイク


金利

限度額

融資までの時間

4.5%〜18.0%(実質年率)

1万円〜500万円

ネット契約で最短即日

  • WEBからの申込みで当日利用が可能
  • 主婦やパート・アルバイトの方も一定の収入があれば申し込み可能!
  • 平日14時までに、お申込みと必要書類の確認完了で、当日融資。
  • 土日、祭日でも借り入れが可能。



レイク審査甘いTOP ネット申し込み方法 レイクの店舗情報 借り入れチェック レイク【公式サイト】